不倫・浮気の裁判で不貞行為の証拠となるもの

3243618_1

配偶者が浮気や不倫をした場合、離婚に至るケースがあります。話し合いによって離婚する協議離婚の他に、民事訴訟で事実を争うケースもあります。離婚をするだけなら比較的容易にできる場合も多いのですが、慰謝料を請求するとなると、相手側もなかなか浮気や不倫の事実を認めなくなり、裁判で争うことになるのです。

 
裁判では、客観的な事実に基づいて判断がなされます。離婚の原因として、配偶者が浮気や不倫をしたと認められるには、肉体関係の確認ができる証拠が必要になります。この、肉体関係を確認できる証拠の条件というものが、難しいのです。例えば、飲食店があるホテルから二人が出てきたとしても、これは食事をしていたということも考えられるため、確実な証拠にならないケースもあります。同様に、待ち合わせを連絡するメールなども証拠として認められるには難しい部分があります。写真や映像などに関しても、認められるケースもあれば認められないケースもあります。

 
もし、確実な証拠を手に入れて離婚をしたいというならば、探偵社や興信所などを利用する方法があります。探偵社など第三者が証拠の写真を撮ったり、証言することにより、信ぴょう性が高まります。また、そのようなところは、証拠として採用される条件などをよく知っています。

コメントは受け付けていません。