セクハラの証拠となるもの

民事事件では、証拠をどれだけ提示できるかが重要となります。最近は、セクハラなどで民事裁判を起こす人が多く、どうすれば勝ちやすくなるのかを調べる人が多いです。

 
セクハラの場合でいうと、どういった時にどういった事をされたか、はっきりと証拠を残しておく必要があります。こう言うと難しいように感じますが、簡単なものでも十分証拠にはなりえます。たとえば、着信記録などを、しっかり残しておくというだけでも変わってきます。もし相手からしつこく電話があった場合、着信履歴だけでも十分な証拠能力があります。

 
後は、もしセクハラを受けて精神的にダメージを受けた場合、病院の診断書も重要な証拠となります。医師に相談すれば、裁判用のしっかりとした診断書ももらえるので、まずは相談してみると良いです。

 
後は、普段からメモをとるというのも良いです。いつどこで、どのような事をされたかと、事細かくメモにするだけでも十分です。メモ程度なら、簡単にとる事が出来るので、裁判の時のためにしっかりとっておくと有利になります。

 
このように、裁判で証拠となり得るものは、数多くあります。事前にどのようなものが有効なのか、しっかりと把握しておく事で裁判に役立ちます。

gf0240039759l

コメントは受け付けていません。