証拠裁判主義の詳細

証拠裁判主義とは、刑事裁判において事実の認定は証拠で行わなければならないということの刑事訴訟法の原則のことを指します。
主に裁判では事実証拠や物的証拠、証言などがその審理決定における基準であり、時には感情論さえも押し殺してしまう判決を下すことがあります。

 

 

日本の裁判制度では刑事訴訟法317条の事実の認定は証拠に因るという一文から、判決では証拠が一番重要なキーアイテムとなっているのです。
 
 
証拠が優先されるということは、法廷の歴史でも古くから多くの事例で使われたことです。ときには政敵や邪魔な人間を不正にも断罪するために、この証拠が尊重されることを利用して、証拠を捏造し、罠に陥れたケースもあります。
それゆえに証拠をでっちあげが発覚した際には逆に処罰されるリスクもあり、諸刃の剣ともいえる証拠主義は、今ではネガティブな扱われ方もしています。
 
今の時代、証拠主義というものは科学と深くむすびつき、指紋や画像、動画やDNAを研究している立法機関が調査し精度をたかめているために、すくない証拠から立件することも可能となっているのです。証拠が決め手というのは昔からの判断方法であり、現代にも強くつながっているので、これからも必要とされていくでしょう。
 
 
どんな種類の裁判でも裁判をするときは裁判のことを詳しく知ってから裁判に臨むことが望ましいです。
こちらのサイトでは遺産相続の件についてまとめてあるので、裁判についてもっと気になる方は
是非のぞいてみてください。→遺産分割で最低限知っておきたいこと